住宅医検定会

まだリノベーションという言葉もそう聞かなかった10ほど前、その頃開講した岐阜県立森林文化アカデミーで「木造建築病理学」講座を受講しました。それほど中古住宅が注目されている頃ではなかったかもしれませんが、これからはスクラップアンドビルドではなく、いまある建築をどう活かすのかがテーマになると確信していたからです。また、そんな世界がその頃から好きでした。

この「木造建築病理学」は、今では住宅医ネットワークと名を変え、建築再生の調査・診断や改修設計・施工の技術を実践的に学ぶということで住宅医スクールとして開講しています。

そこでは、耐久性能と維持管理、木材の劣化、耐震、温熱・省エネルギー、など、現在は24の講義を基本としていて、スクールを通じて、地域の住まいのドクターである「住宅医」を、より多く育成することを目的としています。

そして、そのスクール内では、住宅医修了生を対象に、毎年1回、実施物件のプレゼンテーションによる住宅医検定会を開催され、机上の知識だけでなく、依頼からリフォーム完了までの住宅医としての実践力を、スクールの講師及び受講生により総合的に判定し、合格者を「住宅医」として認定します。

検定会で発表をするために、岐阜まで弾丸ツアーを敢行しました。

発表したのは去年施工させていただいたリノベーション物件。

相方が設計でしたので、私は施工分野での発表でした。

この物件の既存での問題点から始まり、施主様のご要望、そして調査結果、調査結果からどのような視点でリノベーションを計画したか。

劣化対策、耐震性、維持監理、省エネルギー、バリアフリー、防耐火性、現場工程、工事金額の分析まで、ひとつの物件に対して、このように多岐にわたる分野から分析し、リノベーションの計画、工事を実施してきました。

以前「木造建築病理学」を受講してから、日は経ってしまいましたが、このような発表ができて、嬉しく感じましたし、

これからも、もっともっと頑張らないと、と感じる1日になりました。

続きを読む

上町荘

【ちょっと紹介させてください 泉北リノベーション視察会】

泉北のリノベーション物件を見た後は、大阪市上町筋へ。

大きな道路の交差点に、それはありました。

なんともビンテージ感の溢れるこのビル『上町壮』。

入り口には、入居者さんのポストが並び、玄関入ってみると開放感のある吹き抜け空間。

シェアオフィス、レンタルスペースが一体となった建築としていきいきとしていた。

ハード的にかっこいいことに加え、ソフトがすばらしい。

定期的に開催されるSHIRASU NIGHT

今回は5回目ということで、チラシもいただきました。

人々が集まって、そこからものを創り出し、情報発信してゆく。

ん~、こんな建物が泉北にもあればおもしろいだろうな。

夢が広がります。

上町荘の紹介

http://gcgc.jp/report/uemachi-sou.html

上町荘フェイスブックページ

https://www.facebook.com/uemachisou/timeline

【SHIRASU NIGHT Vol.5】イベントページ

https://www.facebook.com/events/409642169220147/permalink/413728175478213/

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所

【泉北スタイル的な休日】

休日には、どこか遠出するのもいいのですが、近くの公園でお弁当を持ち寄り、思い思いの時間を過ごすのもいいですね。

自転車に乗ったり、シャボン玉をつくったり、鬼ごっこしたり、大縄跳びしたり、そして寝たり…。

緑に包まれ、そして家から近いので、のんびり癒されます。

もっと、いろんなパーリーしたいですね。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所

ソウルフード

先日、スーパーで見かけた。

おっ、これは!

ケンケンかつお!

私は、和歌山県串本町の生まれでして、毎年この季節に帰省すると、祖父祖母がたくさん食べさせてくれました。

(それで、こんなに大きくなったのですが、といいますかなってしまったのですが…)

朝、スーパーで見かけて、また夕方来ようと思い、夕方来てみると、なんとひとつ残っていました。アブナイアブナイ。


早速、家に帰り、丁寧に一切れ一切れ切ってゆく。

ここは、できるだけ薄く切ります。出来るだけ、火の通り、というか湯の通りがいいように。

切り終えると、味付けです。

醤油、みりん、砂糖。お好みでお酒やショウガ、卵の黄身なんかも入れてゆきます。

ここで、少しずつ味見しながらつくってゆきます。

いつもは、祖母がカツオを切るまではやって、祖父が味付けの役割。

祖父が何度も何度も味見するので、なくなってしまうんちゃうの!?と心配しながら見ていた記憶があります。

この甘辛い、絶妙な味。

記憶をよみがえらせながら、味を足してゆく。

続きを読む