たてる つなぐ かこう リノベーション工事 解体

着工後、まずは解体。

イノベーション工事の場合、この解体工事が非常に大きなウエイトを占めてきますが、今回も同様、重要な工事です。

住宅と事務所の間に増築するため、その間の配管や配線がたくさん埋設されています

もともと工事させていただいた部分もありますが、解体してみない部分もあり、工事は難航しましたが、無事完了。

図面の配置を見ながら、解体する部分、そのまま生かす部分、綿密に進めました。

そして、引き続き基礎工事へ。

小規模ながら、もちろん重要な基礎であるため、ここも大切な工程です。

捨てコンクリートが終わると、すかさず配筋工事へ。

ふたつの建物が並行なら施工性も良かったのですが、少しだけバチっていたために、この後の上棟作業も見据えながら工程を進めてゆきます。

裏の更衣室部分の増築部分です。1坪ほどの増築ですが、この規模の建築でこれぐらいの増築は、使い勝手にかなり影響します。

続きを読む

もう一度。

『だんじりキッチン』ふたたび。

@泉北ニュータウン魅力発信プロジェクト。


かつては、いろんなものを運び活躍してたであろうリアカー。

昨年、ニュータウンの小学校の解体で不要とされ、

多分そのまま行くと、同じく廃材になるところに、もう一度活躍の場を。

かつては、人口増加と共に繁栄してきた泉北ニュータウン。

現在、少子高齢化の波にさらされ、このまま行くと、オールドタウンに。

そして、人との出逢い。建築を軸としたような繋がりがあり、企画が盛り上がり、ブラッシュアップしてゆく。

リアカーに新たな生命を吹き込み、彼が公園の片隅でもう一度活躍するとき、

新たな人の繋がりのなか、ニュータウンに小さな変化があることを信じ出発。


もう一度、
そしてまだまだ輝くために。
まちも、ひとも。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所

バーチカルブラインド。

施主さんに、ロールスクリーンを提案させていただいていましたが、

「やっぱり、バーチカルブラインドの方が好きかな。」

と言われまして、

(ばーちかる…? バーチャルか…?仮想のブラインドってなんや…?)

と思いつつ、速攻ネットで調べると、これは、縦ブラインドだ…。

ということで、

『バーチカルブラインド』(以後、どや顔)を吊り込んでみました。


これから、二世帯 リノベーション工事 @泉北ニュータウン 晴美台。

本日、養生もはがして、ほぼ工事完了。

あとは、引き渡し、お引っ越しに向けて、

追い込み(追い込まれ)ます。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所

おかえり。

大工さんはじめ、たくさんの職人さんたちが造り上げてきた現場、

施主さんとあれやこれやと打ち合わせさせていただいた現場も、クライマックス。


その部位、部位には、施主さんや職人さんとのストーリーがたくさんつまり、

この時期になって一気に姿をあらわす。


「おかえり!」と声をかけたくなる。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所

素材たち。

これから、二世帯 リノベーション工事。

堺市 泉北ニュータウン 晴美台。

いよいよ、仕上げの工程に入りました。いままで、プランの検討以後、仕上げ素材についても吟味してきました。


素材をまず提案するにあたっては、施主さんのことを想い、こんなん好きかな、これええな、いろいろ考えながら提案させていただき、ひとつひとつ提案して、全体の雰囲気を思い浮かべながら決めてきました。

まず、ポイントとなるタイル。

全体が白で仕上がってきますので、色を持つタイルが全体の雰囲気を締めます。

キッチンと、そしてリビング。

また、家具工事の素材についても、全体の雰囲気に合うように決めました。

から松の目の詰まったパネルです。

リビングにあるカウンターは、無垢の栃の木を選びました。

施主さんのお気に入りの材木店に買い付けに行ってきました。

続きを読む

十津川村 ユニットバス工事。

父から連絡あり、父方の実家の十津川村で、ユニットバスを入れてほしいと連絡がありました。

依頼をいただいたのは嬉しいのですが、果たしてユニットバス屋さんが、行っていただけるのか…。

問い合わせさせていただくと、OKが出たので、行っていただくことになりました。

ユニットバスの仕様等を決めて、発注し、現場住所を連絡しました。

そこで、問題が…。

住所だけでは、位置が配送できません…、と。至急、地図を描いて、だいたいこのへんかな、再度依頼しました。

(実際は、もう少し詳しい地図を描いたのですが。)

ご覧のとおり、なかなかの自然豊かな地域であります。

私も小学校2年生までは、十津川村で育ちました。カメラで撮った写真を見ると、一層、ええとこやな、と思ってしまいます。

堺から車で3時間(一度も車を降りてません)。

現場に着くと、もうユニットバス工事も順調に進んでおり、スムーズに工事されていました。

お聞きすると、三重の上野から来られたそうで、朝2時頃出発されたそうです。

ほんま、スイマセン…。

父の大工工事が終わり、父施工の電気工事や父施工の水道工事も完了していました。

で、いまは、これまた父施工のビニールクロス工事の途中でした…。

ビニールクロスも、のり付の機械を最近購入したらしく、一層順調に工事がはかどるということでした…。

続きを読む

たてる つなぐ かこう リノベーション工事。はじまり

奈良 西大寺にて。

8年ほど前、もともと住宅内に事務所を設けられるも、少し狭くなったということで、住宅敷地横に、事務所を新築されました。

こちらが、竣工写真。

当時、現場に張り付き、いろいろと打ち合わせさせていただいたことがよみがえります。

施主様は、お庭が好きで、住宅と事務所の間に大好きな庭をつくりました。

シンボルツリーを備え、タイルやデッキなど、造園屋さんの指導の下、造りあげました。

あれから、8年。

もっと、事務所を使いやすく、広くしたいということで相談いただき、検討した結果、住宅と事務所をつなげてしまい、中庭にしましょうか、ということになり増築することになりました。

さて、いままで住宅と事務所をたてられ、

今回、それらをつなぎ、また大好きな庭をかこうというプロジェクトがはじまりました。

自分が新築に携わらせていただいた物件のリノベーション工事。

力が入ります。

続きを読む

これから、二世帯 リノベーション 大工工事。

堺市 泉北ニュータウン 晴美台。

リノベーション工事に着工させていただき、順調に工事を進めてきました。

もともとあった二間続きの和室は、内部のみ解体され、スケルトンに。

そして、大工さんが造作工事を進めてきました。

現場調査時には、わからなかった柱も出てきたりしましたが、それはそれでプラン、提案の中に組み込んできました。

やはり、リノベーション工事では解体工事が重要な工事のひとつで、解体工事中にその現場が、その家が決まってくるパターンが多く、提案させていただくことを検討する大切な時間でもあります。ただ、現場は進みますので、いかに現場を止めずにスムーズに解体工事から造作工事へ移るかがポイントになります。こちらの現場でも、鉄骨の柱をいかに見せるかがポイントになってきました。

そして、家具工事へ。

ここでも大工さんが活躍してくれます。

建築工事の一部として、家具もつくっていただきました。カウンターからエアコンガラリ、TVボードまで、今回は家具工事に占めるウェイトが高いため、細かな作業が続きました。

続きを読む