住宅メンテナンス

 いまから30年、40年前に大量建築された建物たち。

これからどう生きてゆくのか。

老朽化とまではいかないにしても、メンテナンスが必要なことは間違いありません。

 まず外部。

外部というと、屋根、外壁、窓などの開口部です。

基本的には、雨漏れしなければいいのでは、とは思いますが、

雨漏れといってもすべてが把握できているわけではありません。

そして、外部の仕上げに関しても、もう少し早くメンテナンスしていれば、

こんなに大げさにメンテナンスをする必要がなかったのに、ということもありますね。

 そんなところで、現場調査をして、まずはこれからのメンテナンス計画を組んでみよう!というのがこの業務です。

 なんでもかんでも、業者さんにおまかせではなく、

これからの住まい方にあったメンテナンス計画。

 

 よく、リフォームの現場調査に行くと残念なのが、

今まで、なんどか、いや何度もリフォームした経過が。

また今回リフォームすることによって、前回の工事が台無しになってしまう、

あの時に、こうなるとわかってたらな~、とならないために。

将来の、そしてその少し先を見通した計画はいかがでしょうか。