泉北スタイル
泉北スタイル HP

泉北ニュータウン住宅リノベーション協議会 

私は建築家という立場から、泉北ニュータウン住宅リノベーション協議会に関わっています。

まち開きから50年が経ち、泉北ニュータウンのまちや住宅に求められる役割は変わりつつあります。

「〇LDK」や「田の字型」で画一的に区切られたプランは、暮らしに合わせてデザインし直す必要があると感じます。

ニュータウンの風景を培ってきた家々を継承しながら、暮らしと仕事や趣味が重なり展開するまちへと深めていく、

そんなまちづくりが必要なのではないでしょうか。

築年数の経った家、性能的にも劣ってきた家を、建築技術をもって再生し、資産価値を向上させながら、

暮らしの器として泉北ニュータウンの住環境の中でよみがえらせる。

これが協議会、そして建築、不動産技術者としての現代の使命だと考えてリノベーションとまちづくりに取り組んでいます。

中古住宅リノベーションで職住一体の暮らし

1階に祖父母世帯、2階に家族が暮らし、

当時はその容量が必要であったSさんの家。ところが1階は空き、子供たちは、家から出て行ってしまい、

2階の一部が使われている状況に。そして結婚、泉北に帰ってくることになりました。

間仕切られていたキッチンをオープンに、二間続きの和室をダイニングリビングに。

外の風景を室内に引き込むように考え、お気に入りの素材、家具に囲まれ暮らすSさんは、

只今近郊の農村地域でカフェをオープン予定です。

 

 

 

 中古物件を購入し、家族と暮らしていましたが、お子さんたちは独立し、

この家で菓子工房をつくりたいと思ったYさん。

何度かリフォームした1階洋室に新しく厨房を設置したいと相談をいただきました。

でも普段の暮らしのキッチンとは別に新しく厨房を設けるよりも、

今のキッチンに厨房を配置して、ダイニングにキッチンを新設する方が、設備工事が少なく済み、

普段の暮らしの中で厨房を使いこなすプランで進めました。

厨房からキッチンを経て緑道につながる空間は、泉北ならではの環境を生かし、

将来コミュニティスペースとしても使えるリノベとなりました。