桜の木

また、火が点いてしまった。
最近子供たちの送り迎えに励む中、娘たちの友達からは、すっかりいじられキャラになった今日この頃、長女は3月に卒園式を迎える。本日、子供たちに向けて、父兄による『出し物検討会』が開かれた。
父兄で歌を歌い、子供たちにメッセージを送ろうというところまでは、スムーズに進んだが、どうやってメッセージを送ろうか、というところで煮詰まる。で、なんとなく思いついて、桜の木を大きな絵に描いて、そこに子供たちにメッセージを書いた花びらで満開にしたらどうか、という案を提案すると、それはいいということになり、結局大きな桜の木を描く役をいただいた。どうせやるなら、気合の入った大きな桜の木を描きたい、気合の入った…。

 

大阪府堺市泉北ニュータウンの設計事務所 中古ストックを活用した、木の家自然素材リノベーション 西紋一級建築士事務所