東雲。

鹿屋から飛び立つ描写を思い出す
つい最近まで、日本はそんな時代にあったのだと
『永遠の0』を読んで。