また、火がつく。

「西さんがまた、火がついたりしておかしくなってしまったら、あかんと思ったんですが…」

打ち合わせ時、工事ができた様子を書いてくれたスケッチ。

きっちり着工前にいただき、そしてきっちり火がつく。

 

子供ながら、ほんまに楽しみにしてくれてるんだと、ものすごいプレッシャーを感じながら、準備を進め、いざ現場へ。

例えば、25年後ぐらいに。

『そういえば実家にあんな家具があったよな』そんな原風景を造るべく、工事は進む。

大阪府堺市泉北ニュータウンの設計事務所 中古ストックを活用した、木の家自然素材  耐震断熱リノベーション 西紋一級建築士事務所