昭和58年もんでも、補助金です。

地震に強い家にすべく。

今回は、昭和58年もん。

基本的には、昭和56年以前の物件が、補助金対象になるが、勧告物件として、堺市耐震改修工事補助金事業を申請。

いよいよ、内部解体。

調査の段階からの予測していた部分、違っている部分が明らかに。

耐震と同じく、大切なのが断熱。

ここも、リノベーションでは力を入れなければなりません。

大阪府堺市泉北ニュータウンの設計事務所 中古ストックを活用した、木の家自然素材  耐震断熱リノベーション 西紋一級建築士事務所