『小屋の家』。

休みモードも一変、ギアが入る。

潮岬にて、終の棲家計画。現状、串本町内にてお住まいではありますが、災害時の為、潮岬に土地を購入され、避難場所としても計画。確かに海抜5mぐらいの町としては、ありえる話で、自分としても危機感を覚える。10坪の平屋で計画、機能的で無駄をそぎ落とした『小屋の家』。プラン、予算とも快諾いただき、お盆前、追い込んだ(追い込まれた)甲斐がありました。

しかし、現場の潮岬、後ろには、潮岬タワー。

ほんまに本州最南。

大阪府堺市泉北ニュータウンの設計事務所 中古ストックを活用した、木の家自然素材  耐震断熱リノベーション 西紋一級建築士事務所