6370×6370の正方形。

地縄を張るには、そう時間もかからない平屋の家。
串本町には、今お住いの家があるものの、海抜4mのほどの街。将来来るかもしれない津波に備え、潮岬の高台に新たに新築。僕は普段、既存木造の耐震に力を入れているが、場所によっていろんな備えがあるものだと思う。いずれにしても、建築技術者として、役に立てたらと強く思う。
小さな小屋のような家ですが。
でもこんな家、いいなと思うし、またある意味これからの家ではなかろうか、とも思う。小さいけれど、機能的で、可変性があり、しっかり施主さんの思いが詰まった家。
最高です。

大阪府堺市泉北ニュータウンの設計事務所 中古ストックを活用した、木の家自然素材 耐震断熱リノベーション 西紋一級建築士事務所