基礎固め。

さっそくの、工事中断…。

解体もほぼ完了し、建物の構造部が明確にできたとき、再度現場調査。

構造躯体は、新築時キッチリと施工されているが、やはり横からの力に対する耐震性が気になる。

現場詳細調査後、耐震設計の結果、1階の1方向がやはり甘い。

いわゆる昔ながらの田の字型プラン。

つまり『玄関入ってドーンと玄関階段、左が和室続き、廊下の奥から右にかけてに水回り』というこれまで何度も経験してきたプラン。

この場合、長手方向に開口を多く取っているため、横からの力に弱く、その方向を中心に耐震補強を考える。既存の壁面、新しい壁の長手方向はほぼ耐震壁となった。

今回、一部のリフォームなので、家全体として完璧な数値は出ないが、今回の工事での最大限できることを考え、あとは将来的に補強する方向である。

全体の工程を見ると、どんどん前に進めたいが、ここはじっくり、慌てず、検討後の工事の段取りを進めつつ、基礎固め。

大阪府堺市泉北ニュータウンの設計事務所 中古ストックを活用した、木の家自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所