ソウルフード

先日、スーパーで見かけた。

おっ、これは!

ケンケンかつお!

私は、和歌山県串本町の生まれでして、毎年この季節に帰省すると、祖父祖母がたくさん食べさせてくれました。

(それで、こんなに大きくなったのですが、といいますかなってしまったのですが…)

朝、スーパーで見かけて、また夕方来ようと思い、夕方来てみると、なんとひとつ残っていました。アブナイアブナイ。


早速、家に帰り、丁寧に一切れ一切れ切ってゆく。

ここは、できるだけ薄く切ります。出来るだけ、火の通り、というか湯の通りがいいように。

切り終えると、味付けです。

醤油、みりん、砂糖。お好みでお酒やショウガ、卵の黄身なんかも入れてゆきます。

ここで、少しずつ味見しながらつくってゆきます。

いつもは、祖母がカツオを切るまではやって、祖父が味付けの役割。

祖父が何度も何度も味見するので、なくなってしまうんちゃうの!?と心配しながら見ていた記憶があります。

この甘辛い、絶妙な味。

記憶をよみがえらせながら、味を足してゆく。

できたら、その中にカツオをドボンと漬けます。

そして、しばし休憩。

味がしみ込むと、ホッカホカのご飯の上に並べます。

そして、沸騰したお湯をカツオの上にぶっかけてゆきます。

薄く切られたカツオは白く煮えてゆき、さきほどのたれをお好みでかけていただきます。

できあがり。

私のソウルフード『かつお茶漬け』です。

祖父祖母の思い出とともに、いただきます。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所