これから、二世帯リノベーション 解体工事。

泉北ニュータウン 晴美台にて、リノベーション工事解体工事 進めています。

軽量鉄骨造のため、構造的に絡む工事はないのですが、既存との取り合い工事はあり、プランや納まりを検討しながら丁寧に解体工事を進めています。

今回、キッチンも入れ替えがあり、すべて解体します。


確かに鉄骨造であるため、大きな空間が構図的な縛りがなく形成されていて、ただ、ハウスメーカーの既存図面とは違った場所に鉄骨の独立柱が出現…。

早速、プラン、使い勝手を検討し、新たな提案をさせていただきました。

リビングの端ですが、独立柱が2本。

これらをうまく利用できるように考えました。

収納の位置や、鉄骨独立柱をデザインしたり、また、エアコンの位置や、下がり天井の検討等、この解体工事の工程は本当に重要で、木造の場合もそうですが、全体のプランを検討する絶好のタイミングです。

イメージを、簡単ですが、スケッチして、お施主様や現場の大工さんに説明しました。

さて、これからが本番。

現場で出てきた問題を、良い方向に変えてゆくのも、リノベーションの醍醐味ですね。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所