たてる つなぐ かこう リノベーション工事 解体

着工後、まずは解体。

イノベーション工事の場合、この解体工事が非常に大きなウエイトを占めてきますが、今回も同様、重要な工事です。

住宅と事務所の間に増築するため、その間の配管や配線がたくさん埋設されています

もともと工事させていただいた部分もありますが、解体してみない部分もあり、工事は難航しましたが、無事完了。

図面の配置を見ながら、解体する部分、そのまま生かす部分、綿密に進めました。

そして、引き続き基礎工事へ。

小規模ながら、もちろん重要な基礎であるため、ここも大切な工程です。

捨てコンクリートが終わると、すかさず配筋工事へ。

ふたつの建物が並行なら施工性も良かったのですが、少しだけバチっていたために、この後の上棟作業も見据えながら工程を進めてゆきます。

裏の更衣室部分の増築部分です。1坪ほどの増築ですが、この規模の建築でこれぐらいの増築は、使い勝手にかなり影響します。

つながりました。(基礎だけですが。)

ふたつの建物の内部の調整もあり、難易度の高い増築だと感じました。

事務所の玄関の位置が変わったり、住宅部分の和室、リビングが事務所の一部になったりと、気をつけないといけない項目が、たくさんあります。

いろんな調整を経て、いよいよ上棟です!

どんなスケール感になるのか、楽しみでもあります。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所