たてる つなぐ かこう リノベーション工事 上棟

基礎工事が完了し、いよいよ上棟作業です。

基礎工事と同様、既存住宅と事務所の間に新しく繋ぐように建てるので、設備関係の取り合い、屋根の納まりや樋関係等、絡む工事が多く、難易度の高い作業となりました。

玄関からの立面です。

右の既存事務所の玄関はなくなり、今回の増築部に新たな玄関となります。

玄関を入ると、中庭がパッと開ける、というのが今回の大きなテーマです。

こちらは、中庭からの様子です。大きな開口には、玄関から中庭に開けるように大きな金属製建具が取り付きます。

そして、少し工程が進み、金属製建具が取り付いた様子です。

天井高さは、既存の事務所側の屋根の下に、今回の増築部分の屋根をすべり込ますために低く抑えてはいますが、この天井高さを抑えた感じが、外部への広がりにつながります。

玄関の室内です。

この部分が既存の住宅部分と既存の事務所部分をつなぎ、玄関、そして打ち合わせスペースとしても機能します。

また、この部分をつなぐことによって、既存の中庭を取り囲み、中庭を形成します。

既存住宅部分であった和室、リビングの状況です。

住宅部分を、事務所の会議スペースとして使えるようにリノベーションです。

空間的な広がりもでてきて、中庭とのつながりも期待できそうです。

次は、内装仕上げに入ってゆきます。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所