空中庭園のあるマンションリノベーション工事

解体完了後も、順調に大工さんに入っていただいています。

新たに施工する間仕切りは少ないのですが、一部水回りのユニットバスや、便所回りの間仕切りです。

また、マンションといえば床の音の問題。

いつも、施工するにあたり、その効果と予算の関係では悩ましい部分ではありますが、施工後も安心して暮らしていただけるような性能にする必要があります。

しっかり防音床の工事も施工して、フローリングの捨て貼をした状態です。

古いマンションのリノベーションの場合、昔の施工では湿式の工事、いわゆる左官工事などを多用していて、仕上げの下地に直接左官があったりするので、今回工事をさせていただくにあたり取り合いの調整が難しい場合も多々あります。

それは、床に限ったことではなく、壁や天井、もしくは梁柱の下地に至るまで。

そんな部分は、無理に大工さんにお願いせずに、以前と同じように左官屋さんにお願いすることになります。



これは、玄関入って正面の写真です。

この写真でも、奥の洗面に向かって伸びる梁が、昔あった間仕切りで切れているときはいいのですが、その間仕切りを外すと微妙に厚さが違ったりすることがあります。そこは、左官職人さんの技で納めていただきます。

ここが、今回の工事の山である、空中庭園工事(空中庭園と呼んでいるのは私だけですが…)

こちらは、施主様がコツコツと施工いただいていますが、とても順調に進んでいます。

ただ、昔あった木の根っこが、強く花壇に絡んでいましたんで、大変そうでした。

ここから、大工さんが仕上げ材の造作工事に入ります。

もう、出来上がりが楽しみです。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所