世界のAndo建築 泊。

堺から湾岸線を神戸方面に。

海の上を走るような高速道路だけあって、橋を渡るたびに、これが大きな橋?と何度も質問攻めに。

出発前に、娘たちと地図を描き、今回の旅の流れを描いてみた。

家からぐるっと海を回って、大きな橋を渡って、動物に会ってからホテルにいきます。

という1泊の新年旅行。

しかし、淡路島に行くのは、長女と次女は2回目なのにな、と思いながら。

よくよく考えてみると、長女は2歳、次女は生まれて間もないとき、覚えているはずもない…。

ようやく橋を渡ると、サービスエリアにて、休憩。

と、思いきや、さっそく観覧車に。

(5人で乗ってきました。)

ちなみに、そのうちひとりはアンパンマンです。

そして、到着したのは、イングランドの丘。

役目の終わった羊さんに会えました。

 

他にも、コアラ、ウサギ、いろんな動物にふれあうことができる公園。動物好きな娘たちにとっては有意義な時間。

また、公園はどこもきれいに整備されていて、いろんなイベントを開催してすごく頑張ってはる感じがしました。

楽しい時間を過ごしていると、早くも夕方。この旅のメインイベントである宿に向かう。

ナビを見ながら向かうが、本当に海沿いに到着地はあるものの、なぜかナビはいったん山からの迂回道路を示している。

なんで、こんな遠回りせなあかんねん、と運転手以外全員爆睡の中、またへんな道ナビやってるなとナビに多少切れてみる。

ナビの示す道を無視し、ひたすら海岸線を走って到着地の周辺に着く。

着いてみるものの、それらしき建物は見当たらず。

段々イライラしてきて、ふと上を見上げてみると、海岸線の崖の上にそびえ立つコンクリートの塊を発見。

これか…。

またそこから、ぐるっと迂回して、やっぱりナビ通りの道に…。

到着。

前面道路からは、庇は大きいがなんの圧迫感もない建物という印象。

TOTO シーウィンド淡路。

多分、研修用の目的で建てられたのでは、と思う。それにしても、ファサードからきれい。

玄関ロビーに入ってみると、さっそくシーウィンドウらしきものが。

窓の中には、コンクリートの塔が海を背景にそびえ立つ。

 

そして、額に飾られ、それはまさしく安藤忠雄さんのスケッチ。

受付を終えると、海に降りてゆくように階段が。

この辺も、見せ場なのだろうと感慨深げに見ていると。

「チ・ヨ・コ・レ・イ・ト」

「パ・イ・ナ・ツ・プ・ル」

世界のAndoさんの階段で…、コラ。

それにしても、コンクリートの打ち放しが美しい。

普段、そうコンクリートの打ち放しをすることもないが、コンクリートなのにとても質感があり、いたるところがシャープに創り上げられている。

ロビーで受付を終えると、客室へ。

誘導されたのは、いったん外へ。さっきから見えていた塔は、なんとエレベーター。

ロビーが8階で、客室が2階。エレベーターを使って客室へ。

前面道路からのファサードからは想像もできないスケール感がそびえ立つ。

客室に入っても、階段。

客室の玄関から、さらに1層下がり寝室に向かうというメゾネットタイプ。

客室に入ると、先ほどの解放感はなくまた、海もほとんど見えないが、窓からは山の中に入ったような緑が生い茂る。

存分に非日常を味わう。

お風呂の後は、夕食。

いつもの旅なら、街にダイブするところであるが、ここは周りになにもなく。

淡路産の海産物をメインに、嗜好を凝らした料理が並ぶ。

たまには、こんなんも、ええかな…。

ということで、このビールで、この日はヂ・エンド。

客室に帰ると同時に、深い眠りに入る。

「おい、起きろよ!」

一番早く、眠りについた父の号令が、まだ朝の暗い時間から響き渡る。(迷惑な人だな…。)

そして、全員眠い目をこすりながらも、外に集合。

何やねん、こんなに朝早くから…。

多少、怒ってる人もいてるが、そんなの関係ない。

東の空から、少しずつ、少しずつ、明るくなってきた。

一刻、一刻と、空の色が変わ、幻想的な景色が。

コンクリートで切り取られた景色。

自然って、美しい。

ただただ、そう感じる。

そんな時間でした。

 

2日目は、少し淡路島の海岸線を走り、帰路につく。

帰路につくといっても、寄り道が長い。

たどり着いたのは、神戸。子供たちと、食べ歩きをしてみようと試みる。

ここにきて、街にダイブ。

小さな旅行でしたが、子供たちといろんなことが体験できました。

こう見てみると、やはり体験、経験は大切だと思うし、

いろんな街に行って、いろんな建築を見て、いろんな人に出逢って。

人生の縮図のような旅。

子供たちにもたくさん経験してほしいし、また普段の生活の中でも大切にしたい。

そんな1年が、暮らせればと思います。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所