庭代台地域会館新築工事 土台

土台、大引きの敷き込み。

奈良、吉野産の桧。

正確に施工された基礎の上に、1本1本土台を敷き込んでゆく。

平屋であるため、さすがに面積が広く、かなりの量となった。

 

床レベルを低く設定している為、束の長さは低くなる。

そして、今回は上棟前に1階の床版までの施工。

床下の電気配線や、水道の配管の施工も終わらせてしまう予定。

設備逃げ工事が終わると、床版を敷き込み、上棟材の柱、梁を搬入する。

柱、梁は、特殊なものを除き、こちらも奈良、吉野産の杉。

空間を広く取るために、柱間を大きく取り、梁成が大きくなる。

どの構造材も、色が良く、節が少ない。

構造材は、奈良、阪口製材さんにお願いした。

電気設備の配線も、かなりの量となった。

設備工事、床版施工が完了。

いよいよ、上棟作業。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所