庭代台地域会館新築工事 上棟2

スタートは、小雨がぱらつく。

天気予報をみると、昼頃から晴天ということで、1階のできるところからはじめた。

木造トラスは下で事前に組み上げておく。

これが大空間を造るかなめ。

1階の柱を立てて、それに対して、順序良く梁を組んでゆく。

 

これから、トラスなどを組んでゆく基礎となるので、精度よく施工しなければならない。

木造トラスを組み上げる。

大空間を形成するための、木造トラスが組みあがる。

先までの小雨が嘘のように、晴れてきた。

引き続き、上棟作業を進める。

 

次は下屋周りの登り梁を組んでゆく。

平屋建ての下屋だけあって、かなりの屋根の面積。

建物裏側の母屋施工。

1階の屋根なので、作業性はよさそうだ。

建物内部の空間の雰囲気もわかるようになってきた。

大屋根部分の屋根垂木施工。

精度よく、くみ上げてきたので、垂木もスカッとはいってくれる。

垂木工事完了。

大空間の屋根は、勾配天井となるので、ほぼこのような空間になる予定。

天候も心配されたが、無事上等作業完了。

今まで、計画してきたものが立ち上がってくると、迫力がある。

これからが、楽しみだ。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所