堺市耐震改修補助リノベーション工事

堺市 建築都市局 開発調整部 耐震化推進室さんに、耐震改修の設計と工事を申請させていただいたリノベーション工事です。

 

解体工事に入りました。

もともとあったお家をスケルトンにしてからのリノベーション工事。

スケルトンですから、内部にある造作関係はほぼ完ぺきに解体撤去してゆきます。

設備の位置も、以前とは違う場所にプランニングされており、設備工事に関しても、一からの配管配線工事となります。

2階床も、既存の梁以外はすべて撤去。

構造が見えてきます。

もともとの和室。

床の間あたりの状況です。

外部工事に関しては、窓のアルミサッシは、撤去交換。

断熱効果の高いアルミサッシに入れ替える予定。

だんだんと、構造体が見えてきました。

屋根も、既存は瓦で施工されており、ガルバリウム鋼板に葺き替えます。

屋根の軽量化については、耐震構造設計を実施してみるとよくわかりますが、やはり屋根自体の重量が軽いほうが計算上は有利です。地震が発生した時に、受ける力はそのものの重量に比例することから、屋根を軽くすることは立派な耐震改修工事なのです。

一番最初の解体工事は、その後の工事にどう引き継ぐかという点で、大変重要な工事となります。

慎重に、慎重に工事を進めてゆきます。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所