初Air b and b~暮らすように旅しよう~

末っ子のアトピー、だいぶんとよくなってきましたが、足や手の一部分がしぶとく残っていて、海がいいと聞いて、また何度か行ってみるとよくなってきてる感があり、時間があると皆で海に行くようにしている。

和歌山市内の海だったら、もちろん日帰りで行くのだが、ちょっと白浜までとなると、せっかくだから1泊しようかということになり。

いろいろ、民宿やホテル、旅館を探しては、ひとり悩んでいると、見つけたのが、Air B and B。

一般の家に泊まらせてもらうシステムで、世界各国に広がっているようだ。

https://www.airbnb.jp/

ただ、まだ子供たちは小さいし、と思いつつ、元銀行の別荘として使われていた場所を見つけた。

これは、おもしろいかも、ということでさっそく予約することにした。

 

白良浜から徒歩で10分程度。

周りは、同じく昔企業の保養所として使われていた建物が多くみられた。

ただ、環境はいたって静かな地域。

少し、昔暮らしていた大学寮を思い出す佇まい。

板型枠が古びて、いかにも打ち放し仕上げ。

左の丸い建物は昔、浴室だったそうだ。

今は、ホールのように改装されていたが、使われていないとのこと。

なかなかスカッとした感じの玄関。

管理事務所もあり、またまた寮の雰囲気が漂う。

玄関ホール。

使われていないスペースがあるものの、玄関を入って正面に中庭があり、きれいに整理整頓されている。

食堂としてはそう使われていないようだが、旅人同士が語らう場。

まだ、シーズンはこれからということだったが、おそらく楽しい場になるだろう。

裏には広いスペースが続く。

こんな場所も使いようによっては、なんとでも使え、まわりの豊かな自然に包まれる。

上にあがってゆくと、一番のおすすめの場所、屋上庭園!

田辺湾を眺める。

屋上からは、白浜の花火も目前でみられるとのこと。

そして、温泉。

こちらは源泉かけ流し。

ほんまにええ湯でした。

客室は旅館の1室のようになっていて、和室にふとんのスタイル。

高度成長期から、バブルそして、今に至るまで、新しいものを建てまくってきた。

そんな建築物が、今となっては使われずに老朽化してゆく現在。

今後、もっとこんなケースがあると思われる。

そんな中、建物を家をシェアして使うという考え方。

遊休中古不動産の使い方は難しいところがあるかもしれない。

大切なのは、どんなソフトを提案できるか。

どんなプレーヤーがそこにいるのか。

おそらく、こんなことが勝負どころなんだろうと思う。

今のキラキラした建築物より、すこし昔に建てられた趣のある建物を使わない手はない。

さて、着替えました、

アンパンマンの水着に。

アンパンマンというより、キン肉マンだな…。

 

そして、海へ。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所