西宮市耐震断熱リノベーション

春ごろから、相方と進めてきた耐震断熱リノベーション。

施主さまが、中古物件として購入され、その中古物件をリノベして住むかたち。

不動産探しを続けてこられ、ようやく見つけた中古物件。

今でも売り物件の敷地はあるものの、建築条件が付いていたりで、なかなか思うような物件がなかったとのこと。

また、狭小地になると、新築で再計画となるとなかなか望む大きさが確保できなかったりします。

そこで、現状の家を大切に利用しながらリノベすることで、希望のプランを実現、また性能的にも耐震と省エネの性能を向上させて、これからも住み続けられるお家にする計画。

ただ、そうするための難易度は高い。

現状を調査し、既存の構造を使いながらうまくプラン。

そのうえで、耐震計算をしながら、構造補強位置を検討してゆく。

耐震をすることで、是非使いたいのが、各市町村で実施されている補助金。

今回の西宮市では、

兵庫県から100万円。

西宮市から30万円。

耐震設計として、20万円。

きっちり耐震計算をして、耐震補助金の申請をすれば、合計で、150万円の補助金が獲得できます。

現場調査時点で、施主様のご意向をどのように反映しながら、構造的にも満足させるか。

大きなポイント。

そんな中、現場調査、プラン、耐震設計。

そして、耐震の設計の補助申請から始まり、設計の交付決定がおりると、

今度は耐震工事の補助申請。これが、西宮市と兵庫県への2か所。

どうしても時間がかかってしまう。

そして、これらのボリュームの工事に対しての工事金額とにらめ合わせながら、計画を進めてきた。

設計、耐震設計、補助金申請を経て、

工事予算を、概算から本見積に入り、そして、契約いただきました。

とても、以前のお住いになられていた方の生活感が溢れる空間。

でも、きれいに使われているような感じがする。

 

いよいよ、着工。

これまで施主さまと話してきたことをかたちにする。

私たちを選んでいただいた、ものすごいプレッシャーは感じるものの、

絶対にええもんにしたい。

その気持ちをもっての、着工。

 

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所