夏旅2016 ~ルーツを求めて~

毎年、夏には旅に出たいと考えていて、今年はどこ行こうか、だいたいゴールデンウイークあたりには家族会議で決定する。

前から、いつかは北海道に行きたいと考えていて、子供たちがもう少し大きくなったら行こうかとも思っていた。

当然、子供たちと行くにあたって、何かアトラクション的なものがあった方が良いと、しかしこの北海道、少し大人向き。

散々悩んだ挙句、北海道に決めた。

僕が最初に北海道にたどり着いたのは19歳のころ。

バイクで一人、船に乗って小樽まで来るか、北海道まで自走(高速なし)で走ってくるか、そのふたつの方法だった。

最初に行ってから、毎シーズン夏、もしくは冬も北海道に訪れることになったのである。

自分にとって、若いころに過ごした土地、まさに第二のふるさとである。

そんな土地に、家族で旅することにした。

家庭をもった今、あのころ何を考え、こんなところまで来ていたのか、少し触れてみたくなった、

家族と共に。

さて、出発。

朝4時に起き、全員たたき起こし、車に荷物と一緒に積んだ感じ。

今回は、パッケージではなく、飛行機、レンタカー、宿など、それぞれに予約して旅程を決めた。

旅が始まるまでは、旅に行けるかどうか、いろんなことに細心の注意を払いながら…

もう、この景色になると、後の祭り。楽しむしかない。

乗車すること2時間余り、北の大地に上陸。

さっきまで大阪にいてたのに、朝の9時には現地に到着。

昔は、3日ぐらいかけて来たのに、便利になったものだ。

空港からレンタカー屋さんへ。

天気があまりよくないので、さっそく走り出し、いきなり道央に向かう、皆爆睡の中…。

いっきに昼には富良野へ、ノンストップでやってきた、皆爆睡の中。

ちょっと北海道らしいもん、食べたいと思い、ジンギスカン。

天気が悪いと聞いていたものの、なんとかくもり、どころか、なぜか晴れてきた。

いざ、美瑛へ。

チェックイン前に、丘回りを始める。

はっきりは覚えていないが、だいたいの丘の場所はわかった。

 

自分が好きだった丘を中心に、だんだんと記憶がよみがえってきた。

いつも、仕事が終わり、夕方になるとこの辺を走り、丘巡り。

なんどまわっても飽きない景色。そんな毎日だった。

皆で満喫した。

そして、今回お世話になるペンション、星ヶ丘さん。

丘の風景の中に、ポツンと1軒。ご夫婦で切り盛りされているペンション。

食事から、室内の装飾まで、こだわりぬかれた宿。

1階には、リビングのような共用スペース。

オーナーさんの趣味のものが並ぶ。

こだわりの音響設備。

こちらは、ジオラマ。

繊細につくられている。

ダイニングからリビングへ。

アットホームな雰囲気。

1階の窓から同様、

2階の客室からも、ピクチャーウィンドウのように切り取られた丘の風景。

チェックインを済ませると、そのあとは美瑛の街にダイブです。

25年ほど前にお世話になっていた地元農家の佐伯さんと食事。

そう、学生の頃は北海道まで走ってきて、ここで働かせてもらっていた。

主には大根。

朝3時に起床、暗いうちからの畑に行き、朝めし前に、大根をひと堀。

昼頃に抜き終わった大根を洗ったり、ひげを拭いたり、箱詰めまで。

だいたい終わるのが15時ころだったか。そこから、さっきの丘巡り。

毎日、この繰り返し。

幸せだった。

あの頃、小学生った佐伯さんの子供たちも結婚、子供たちも一緒に食事。

人数が多い。

それほど年月が経ったのだと実感。

懐かしいようで、

月日がたっているようで、

でも、分かり合えるというか。

人のつながり。

これまた、幸せな時間。

居酒屋から戻ってくると、星の時間。

宿では、プラネタリウムがあり、星の鑑賞会が開催された。

次の朝も、朝から晴天。

朝からおいしい食事をいただいた。

ほとんどが手作りで、朝からこだわりの食事。

本当に良い宿にたどりついて、よかった。

美瑛に来て、是非行ってみたい場所があった。

ライダースハウスである。

1泊500円、佐伯さんからはまだ今でもやっているみたいだと情報を得ていた。

行ってみることにした。

着くまで、なんかそわそわして、着きました、ライダーハウス蜂の宿!

あの頃と、なんの変りもない。

では、ご案内しましょう。

こちらが、客室。

この雑魚寝な感じがとってもいい感じ。

こちらが厨房、長期滞在になるので、ほとんどの人が自炊をしていた。

調味料等、結構何でもそろいます。

ここが団らんのスペース。

全国各地から集まった旅人たちが情報交換したり、語り合ったり、この半外な空間、今でも外とつながりを、なんて施主さんに提案しているルーツがこんなところにも…。

そうこう、むかしと変わらないね、と住人みたいな方々と話していると、

えらいもんが出てきた。

ライダーの写真館(1994年)。

どこに、すっと1994年のアルバムが出てくる宿があるだろうか。

さすが、旅を大切にする宿。

アルバムには当時来られていた方々の写真が貼ってあった。

あ、なんか見たことあるひとだな、懐かしいな、と思っていると、

ひとつのページで、手が止まる。

そこには、

満面の笑みを浮かべながら、仲間たちと将来について語る青年。

そして、

これからどうやって生きてゆこう、

いろんなことに迷い悩んだ時期に、

北の大地までたどり着き、

あたたかい家族と出会えた

一人の青年の姿があった。