夏旅2016~食と建築の美瑛~

別に、ふざけているわけではありません。

こちらは、美瑛駅前の居酒屋きむら屋さんのげそ丼。

20年前から変わらない味。

旅というと食と建築。

ここに焦点を絞った後半戦です。

ペンション 星ヶ丘さんの夕暮れ。

照明器具の位置が低く、落ち着いた雰囲気を醸し出す。

とても心地いい空間設計である。

外で食事し帰ってくると、オーナーさんや宿泊客の語らいの場。

心地よいBGMと一緒に、静かな時が流れていた。

初めてお伺いした宿でしたが、是非またやってきたいと思う。

美瑛近辺で訪れたところとしては、旭山動物園。

そんなに珍しい動物がいてるわけではないが、どこも見せ方が面白い。

生態系の話や、動物を近くで見られる仕組み、またいろんな角度で観察できるところはズバ抜けていた。

bi.ble ビブレ|北瑛小麦の丘 | 

美瑛にあるオーベルジュ、レストラン。

美瑛を離れる日に、少し行ってみた。

こちらが、レストラン。

アプローチから。

エントランス、緑の鉄外壁が印象的。

置いてはるパンまでが、芸術的な雰囲気。

エントランスホールから、数段降りるとレストラン。

このスキップフロアーが、効く。

窓からは、美瑛の丘の風景。

こちらは、宿泊施設。

また、個性的なエントランス。

一度は止まってみたいけど。

なかなか、高そうです。

美瑛を離れ、旭川へ。

さきほどのビブレの設計者が、駅を設計されたということで、見学。

駅を設計って、どんな規模なのか…。

JR旭川駅。

ゆったりとした空間、駅とは思えない雰囲気。

内壁の木格子壁には、

よく見ると、一枚一枚、名前が彫ってある。

さて、ホームへ。

この、屋根をもたせている有機的な柱、まるで、木の枝のよう。

周りの風景をホームの内装として取り込んでいた。

また、旭川といえば、ラーメン。

このラーメン屋さんも、20年ほど前に通っていたラーメン屋さん。

 

でた、みそバターコーン。

オーソドックスな一品。

旭川を後にして、向かうは札幌を経て、小樽まで。

いっきに南下。

旅はつづく。