西宮市耐震断熱リノベーション

兵庫県 ひょうご住まいの耐震化促進事業

耐震改修工事費補助/耐震改修計画策定費補助物件

西宮市 住宅耐震改修促進事業/耐震改修工事費補助物件

基礎工事が完了。

次は、木構造の耐震補強工事に入る。

既存の木構造を利用できるところは、そのまま活用、耐震設計により既存の木構造が入っていない箇所には、新たに基礎を施工後に、耐震壁を施工する。

柱や梁、そして筋かいと現場に搬入してゆく。

改装なのに、木材料は多い。

プランは昔ながらの長屋プラン。

道路面は比較的間口が小さく、奥に長いプラン。

プランの長手方向は、壁量が多く、そう苦労することはないが、短手方向は耐震壁を配置するにあたっては苦労することが多い。

また、バランスが大切で、プランの一部だけを強くではなく、プランの中にバランスよく耐震壁を配置してゆく。

特に二階は、一階との関係があるので、耐震壁を配置するときに、うまく一階に力が伝わるように考える。

そして、金物の取付。

いくら耐震壁を強くしても、柱が引き抜かれると意味がないことになるので、耐震壁の強さに応じ、柱と梁、柱と土台に緊結金物を取り付けてゆく。

筋かい、金物が取り付いた時点で、構造の検査。

まずは、兵庫県建築指導課、西宮市建築指導課の方から。

兵庫県では、一般的には構造検査がないらしいのだが、今回はめでたく検査物件にあたりました、と連絡があり、検査に来ていただいた。

申請時から、多少の変更があったので、変更した耐震計算書と図面を提出。

金物、筋かいを重点的にみていただく。

そして、リフォーム瑕疵担保の構造検査。

新築の瑕疵担保保険はどの物件も入っているが、リフォームは今のところ任意。

事務所では、いつもリノベーションの場合も瑕疵担保保険に加入しているので、検査していただく。

JIOさんは、いつも丁寧に細かく検査いただくので、こちらも、もちろん施主さんも安心。

一部、既存構造との金物の取り合いの部分で是正箇所は出たが、すぐに是正。

解体から、基礎工事、そして、耐震補強工事へと。

一般的な建築性能としても、またリノベーションの中でも最も重要な工事の流れ。

解体したころの現場の風景と比べると、見た目にも断然安心できる風景となってゆく。

 

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所