オフィスキャンプやってみた。

【泉北ニュータウン街びらき50周年】

【暮らし はたらき つながる箱】

泉北ニュータウン まちびらき50周年 市民トライアル企画に応募させていただき、構想を練ってました。

まちびらき当初は、ベッドタウンとしてつくられましたが、これからは仕事を絡ませたいと。

この企画のなかで、実際に空不動産を有効利用しようと、いろいろ当たってきました。

なかなか、実際の不動産では、賃貸契約面や、自分がパフォーマンスするにあたって障害となることが多く、そこまで踏み切ることができない状況となりました。

が、そんなとき、おもしろいコワーキングスペースがあると聞いて、お伺いさせていただきました。

『オフィスキャンプ 東吉野』

私自身、育ちが奈良で、しかも東吉野というと結構実家から近く、こんなところに…という感じがしていました。

大阪から、ぼちぼち車で。

1時間半~2時間程度。

東吉野村に近くなるほど、景色は変わり、何かゆったりとする気持ちになってゆく。

 

 

いつの間にか、川はこの透明度。

非日常感が、半端ありません。

到着です。

昔の町家をリノベしたオフィス。

玄関入ると、吹き抜け空間。

こちらが、コワーキングスペース。

 

コワーキングの奥には、和室が。

共同キッチンスペースも設けられています。

運営されている、デザイナーの坂本大祐さん。

お話をお伺いしました。

聞き手に、特定非営利活動法人SEINの宝楽さん。

仕事を持ってこられる方が多いようで、

何か書物をしたり、デザインしたり、この抜群の仕事環境の中でこなされるそうです。

坂本さん、宝楽さんと話していて、気づいたこと、

もちろん、この外部環境、そして、洗練されたオフィスデザインは、すばらしくこんなところで仕事ができれば、最高だと思える。

もう一つ、大事な要因、

このゆるくつながる感じ、あいづちのある空間。

おそらく、クリエーターにとっては、こんな自由なつながりが、新しい発想につながったりするんだろうな、

そんなことを強く感じた。

で、

後日、

実際に、

オフィスキャンプやってみた。

大阪から、ちょうどツーリングにはいい距離で。

こんな、仕事空間が、泉北にあれば。

 

ひとつ、目標ができました。