泉北スタイルな家 リノベーション工事 解体編

さて、解体工事が始まった。

一気に現場の雰囲気に変わってゆく。

まずは、設備機器から解体。

 

解体していった順番から、古い住宅設備機器がならんでゆく。

また、既存の窓の位置と計画の開口部の位置を確認しながら、進める。

この小窓は、庭へと抜ける勝手口に変わる計画。

ここが既存茶の間。

現状はキッチンとのつながりはあるが、なんとなく閉鎖的な感じがする空間。

壁を取っ払うも、内装はそのまま使うところが多いので、じっくりおさまりを考えながら進む。

設備機器解体撤去後のキッチン。

かなりスカッとした感じ。

キッチンと既存茶の間の食器棚も解体撤去。

庭から、光が差し込んできた。

既存茶の間から、既存本格和室への壁、ぶち抜いた。

 

和室から見ると、こんな感じ。

既存本格和室の床の間部分をぶち抜くことに。

ここが、今回の大きなテーマ。

床の間を飾るのではなく普段の暮らしをこの床の間に持ってくる。

竣工時には、ここに暮らしが写る、はず。

既存書院。

ここは、解体せずにそのまま使う予定。

造作のおさまりが、非常に難しいところ。

そして、解体工事完了。

既存茶の間の間仕切りや内装はすっかり解体。

躯体が現れてきた。

既存のキッチン周辺。

こちらも、既存間仕切りや内装は取っ払われ、躯体が現れる。

この状況で、施主さんと現場打ち合わせ。

今まで計画してきた設計プランを現場にて再確認。

同時に、現場の詳細寸法も再確認しながら、細かい納まりを詰めてゆく。

これからが、本番だ。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所 西 恭利

6月30日土曜日は、『泉北リノベ祭り』です。

家族構成の変化に応じて 住み慣れた家をリノベしたり
中古住宅を手に入れ 自分たち好みにリノベしたり
そうして手に入れた オンリーワンの住まいで
自分たちらしく そして時には 街や地域にも開いて楽しく暮らす
実際に住まわれているリノベ住宅を巡る一日です
この機会にぜひ リノベ住宅を体験してみませんか
@光明池付近の戸建てリノベ物件2軒とマンションリノベ物件1軒

(お申し込みの方に、詳細お知らせします。)


主催/泉北ニュータウン住宅リノベーション協議会
西紋一級建築士事務所×一級建築士事務所MUK
協力/堺市 市長公室 ニュータウン地域再生室
大阪市立大学生活科学部 森、小池研究室