泉北スタイルな家リノベーション 仕上げ編

大工さんの造作家具工事も終わり、次は仕上げ工事。

壁の仕上げ工事に先立ち、まずはタイル工事。

お施主様の要望で、レトロ感の強いデザインのタイルを選ぶ。

キッチンのコンロ廻り、

メキシコな感じのボーダーが。

制作キッチンとも、よく合うデザイン。

洗面も、制作洗面台に、ハチの巣タイル。

アイアンタオル掛けも、よくあっている。

現場に色が入ると、暮らしの雰囲気が立ち込める。

洗面、キッチンの内装は、土佐和紙。

既存のクロスを丁寧にめくり、貼ってゆく。

先に施工されているタイルとの相性も抜群。

既存の和室の聚楽壁には、よく似た色を選び、再度聚楽を塗る。

既存のデザインを残しながらのリノベ、どこまでを新しくして、どこまで既存に似せるか。

難しい部分。

建具を吊り込む、

選んだのはラワン。

木目がきれいで、全体的なレトロ感とよく似合う。

建具のラワン、聚楽左官壁、土佐和紙。

それぞれの表情が重なる。

キッチンと洗面所は間仕切り壁を設けず建具で仕切る。

吉野杉の框戸。

中には、ポリカツインで、明かりを通すデザインに。

きれいに納まりそうだ。

洗面台には鏡が取り付けられた。

換気扇や、照明器具を取り付ける。

器具の取付完了。

洗面所らしくなってきた。

キッチンの雰囲気が出てきた。

最終美装工事へ。

美装は、新しく施工下部分も、既存の部分もすべて施工。

既存の部分の方が、かなり時間がかかるが、

新しくよみがえる。

ゴールが見えてきた感が。

2階も美装。

ピッカピカになってきた。

1階のレトロ感とよく合う雰囲気。

最後に、養生をあげてゆく。

 

これまで打ち合わせしてきた内容が、すべてかたちとなって現れる。

この頃、さみしさ感が募ってくるタイミング。

いよいよ、竣工が近くなってきた。

お別れです。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所 西 恭利

明日、6月30日土曜日は、『泉北リノベ祭り』です。

家族構成の変化に応じて 住み慣れた家をリノベしたり
中古住宅を手に入れ 自分たち好みにリノベしたり
そうして手に入れた オンリーワンの住まいで
自分たちらしく そして時には 街や地域にも開いて楽しく暮らす
実際に住まわれているリノベ住宅を巡る一日です
この機会にぜひ リノベ住宅を体験してみませんか
@光明池付近の戸建てリノベ物件2軒とマンションリノベ物件1軒

(お申し込みの方に、詳細お知らせします。)


主催/泉北ニュータウン住宅リノベーション協議会
西紋一級建築士事務所×一級建築士事務所MUK
協力/堺市 市長公室 ニュータウン地域再生室
大阪市立大学生活科学部 森、小池研究室