泉北スタイルなリノベやってみた!

築30年あまり。

泉北ニュータウン近郊、光明池のほとりにある中古物件。

 

施主様とは、何度か中古物件をめぐり、いろんな物件を一緒に見てきた。

そして、何度かこれにしようかと迷ってきたが、

いよいよ今回、物件が決まり、

施主様と一緒に、

泉北スタイルなリノベ、

やってみた!

本格的な和風家屋。

はじめて見たときは、ちょっとこれは手ごわいと感じた正直な感想。

着工時の冬の景色を経て、竣工時には、緑の美しい季節へ。

玄関周り、このあたりはあまり手を付けずに、しっかり美装した。

もともときれいな和風デザイン。

きれいにすると、また蘇る。

玄関から入ると、これまた本格的な和室。

この和室は置いておいて、床の間をぶち抜き、茶の間を和室に取り込む形に。

床の間をぶち抜くと、こうなった。

床の間に飾る、よりも、普段の暮らしをメインに考え、この茶の間がこの家の中心に。

居室からつながり庭へと視界が広がる。

ここが、暮らしの中心地。

既存の茶の間。

この壁の奥に、さっきの和室、床の間が。

茶の間から見ても、和室に広がる、繋がる。

障子を外すと、さらに大きな空間へと。

締めたり、つなげたり、田の字型プランの典型。

茶の間の押入れ。

既存の押入れが、パソコンデスクワークコーナーに。

庭から見ても、この縁側が、半外になり、外と内を緩やかにつなぐ役割。

暗くて裏の方にありがちなこの頃のキッチン。

窓をぶち抜き、勝手口を設置。

キッチンのゴミ出しや、生活動線を考え、洗濯物干し場にデッキを新設。

既存キッチン。

キッチンは杉で大工さん制作に。

施主様お気に入りのレトロなタイル。

キッチンから、茶の間を見る。

電子レンジ等のごちゃごちゃしたものを、カウンター下に収納。

配膳台として使うカウンター。

キッチンの奥は、収納スペースだったが、ここに洗面をもってきた。

床から天井までの杉の引き戸。

その奥に洗面所。

こちらも、大工さん制作の洗面台。

鏡に映る既存の丸い開き戸がよく映る。

夜景。

季節に応じて、障子を使い開けたり、

閉めたりしながら、ちょっとして空間の新鮮さを感じながら四季を過ごす。

長い間、施主様と物件を見ながらやっとたどり着いたリノベーション。

ありがたいことに依頼いただき、ほんとに嬉しかった。

終わってみると、とてもさみしい気持ちになる。

これから、ここが暮らしの舞台。

まだ、リノベは始まったところなのかもしれない。

ようこそ、

泉北スタイルな家へ。

大阪府 堺市 泉北ニュータウン の 設計事務所 中古ストック を活用した 木の家 マンション 自然素材 耐震 断熱 リノベーション 西紋一級建築士事務所 西 恭利