リノベ基礎工事。

泉北スタイルな家リノベーション工事。
解体後、既存の構造確認しながら、
これまでやってきた耐震設計が正しかったのか、
ここが大きな起点となる。
即調整し、最終の耐震設計の元、基礎工事を進める。
既存の構造材を避けながらの基礎工事。
もちろん手打ちで、丁寧にコンクリートを流し込んでゆく。
計画工程はあるが、
ここは焦らず、
じっくり行きたいところ。