ある日曜日。

泉北ニュータウン近郊、少しそれると豊かな農村風景が開け

いつになく空を近くに感じながら、

両側畑に挟まれたまっすぐな道を走り抜ける。

走り進めるとロードサイドに、小さな小屋のような建物が、

切妻のトタン屋根から出た1本煙突から少しの煙をあげながら建っている。

建物の周りに、何台かの車やバイクが無造作に停めてあり、同じようにバイクを停めて建物内部に入ってみた。

アンティークなガラス框戸を、ガラガラと戸車が走る音をたてながら開けてみると、大きなアンプを経たアナログなスピーカーから柔らかな音質のジャズが流れている。足場板のような使い古したフローリングが敷き詰められている店内へ。

その空間の中心には無垢材の大きな長テーブルが横たわり、

お客さんはまばら、大小テーブルやカウンター、ソファスペースと、好きな居場所を選んで仕事、勉強や会話をしたりと、各々の時間を過ごしているようだ。

その中で、窓際の小さなテーブルに就いてみた。

窓からは、ようやく冬が終わろうとすることを告げるかのような、あたたかい日差しが、比較的暗い店内に、やわらかに入ってきている。

カウンターの奥から、この店のおすすめらしいカレーと、ひき立てのコーヒーの香りが広がっている。

不愛想なマスターが淹れてくれたコーヒーを味わいながら、

「今年も春が来たか。」そう呟いて、

デッキ越しに広がる春に向けて準備が始まった農村風景を眺めた。

 

って、こんな建物を造りたいなと妄想しながら。

 

ええ物件、ありませんかね。