さよなら、ミニバス生活!…か、

西家にて、ミニバス生活が始まったのは次女が小学校2年生の時。

行きたいと言い出し、入部させていただきました。

それから1年、次女が小学3年の時に、小学5年になった長女が入部。

 

美木多ミニバスケットボールクラブ。

多くは地元の小学生たちが通う、ミニバスチームです。

長女が入ってすぐの5年の時のチームは、とても強く、

シーズン通して負けなしで、全国大会まで連れて行っていただきました。

家族全員、とてもよい思い出ができました。

そして、シーズンが明けて、長女6年。

ここからが、なかなか大変な1年の始まりでした。

頑張っているものの、なかなか技術的にもうまくならず(私はバスケットボール全然知らないんですが)

家族で、バスケットのレンタルコートに行っては、こうしたら抜けるん違うん(ほんまか…)

など、家族全員で、良い方向に行けるよう考えたこともあり、

試合から帰って、少しでも活躍すると、泣いて喜んだり、

ダメな試合だと、家全体が暗くなったり、

まさに一喜一憂な生活を送ってきました。

そんな長女は、どんどんバスケットボールにはまってゆきました。

夏には、志願させていただき、韓国の遠征試合にも連れて行ってもらいました。

(当然、勝手に父は便乗させていただきました。)

そうこうしているうちに、卒業近くなってきて、

6年生としては、最後の公式戦が行われる中、思い出に残った卒業記念大会。

今まで、どんな時も励ましてくれたコーチが、なんとかチームを勝たそうと、気合の入ったベンチワーク。

選手たちも、それに答えるかのように、チーム一丸となって戦います。

僕は、このチームが好きなんです。

もちろん目標は勝ち、チームが勝つこと。

でも、そのプロセスには、紆余曲折、たくさんのことがあり、

楽しいこともあるけれど、しんどいこと、悲しいこともあり、

子供たちが、そんな経験を存分にさせていただいて、大きくなってゆくのを応援しています。

お忙しい中、練習、試合と、気合の入った指導をしてくれるコーチの方、

また、同じ目標に向かって、これまたいろんなお世話いただいている保護者さん、

そして、同じチームでプレイするチームメイト。

最高です。

無事、卒団させていただき。

今年は、トロフィーが少なかっただろうと、最後の卒業記念大会の3位の盾を、6年生の人数分作っていただいたコーチ。

たくさんの思い出をいただき、卒業。

本当に良かった。

さよなら、ミニバス生活!

でもまた、中学校になっても、バスケ頑張るらしいです。

頑張ってくださいね。

さて、長女のミニバス生活も終わり、残すは今度5年生の次女のミニバス生活が。

今年の5年、そして、最高学年の6年、あと2年となってしまいましたが、

西家一同、ミニバス生活を謳歌できればと思います。

ん? えっー!

誰や、またバッシュ履いてんのは!

To Be Continued.

(つづくんかーい)