· 

本気で不動産探しています!

私が、ひとりで仕事を始めたのは、さかい新事業創造センター(S-Cube)という場所でした。


新事業創出促進法(現 中小企業新事業活動促進法)に基づく新事業創出支援施設(ビジネス・インキュベーション)の整備と

事業運営を行うことを目的に設立されました。


そこは、新しく事業を始められた方々が、集まる事務所群で、6年間お世話になってきました。

で、そろそろ、地元の泉北に事務所を構えようかと思いまして、いろいろ考えているんですが。

そんなに大きくなくてよいのですが、

まず、私の事務所ですね。

そして、公園でも活動しているコワーキング。いろんな方に来ていただけたら嬉しいんですよ。

真ん中には、キッチンスペース。

こちらも今、だんぢりキッチンとして、公園で活動しているのですが、

将来、小さな店を持ちたいという夢がありまして。

これらは、先日、コワーキングキャンプの時に描いたスケッチ。

広さは13.5坪、小さいけれど、とってもいい感じです。

前面には、ウッドデッキがあり、ウッドデッキから建物内へ入ってゆきます。

エントランスを入ると街の掲示板があって、地域のイベントや、求人、コミュニティ、空き家情報など。

入って左は僕の事務所なんですけど、ここにプランしているとひとりでも管理しやすいですね。

入って右は、応接とコワーキングスペース。

薪ストーブ必須。

そして、入って真ん中奥にキッチンスペース。

ここでは、一日店長さんなんか集って、ちょっとやってみたかったという方、いやいや本格的なシェフが料理出来る場所。

僕も、カレー作りたいな。

で、立面、断面はこんな感じです。

勾配天井、ロフトは、ちょっと宿泊できたら、ええですね。(家に帰らんくなるかな。)

そして、ロケーションは、泉北ニュータウン地域、旧村と呼ばれる農に近い場所で探していまして、

いままで、情報を得ては、すぐに実際に見に行って、

住所が書かれていない不動産情報からも、グーグルマップで調べては、見に行って。

ええ感じのところはあったのですが、まだ決定には至っていません。

なので、万が一、そんな不動産情報があれば、是非お願いしたいです。

 


こんな場所です。

泉北ニュータウン近郊、少しそれると豊かな農村風景が開け

いつになく空を近くに感じながら、

両側畑に挟まれたまっすぐな道を走り抜ける。

走り進めるとロードサイドに、小さな小屋のような建物が、

切妻のトタン屋根から出た1本煙突から少しの煙をあげながら建っている。

建物の周りに、何台かの車やバイクが無造作に停めてあり、同じようにバイクを停めて建物内部に入ってみた。

アンティークなガラス框戸を、ガラガラと戸車が走る音をたてながら開けてみると、大きなアンプを経たアナログなスピーカーから柔らかな音質のジャズが流れている。足場板のような使い古したフローリングが敷き詰められている店内へ。

その空間の中心には無垢材の大きな長テーブルが横たわり、

お客さんはまばら、大小テーブルやカウンター、ソファスペースと、好きな居場所を選んで仕事、勉強や会話をしたりと、各々の時間を過ごしているようだ。

その中で、窓際の小さなテーブルに就いてみた。

窓からは、ようやく冬が終わろうとすることを告げるかのような、あたたかい日差しが、比較的暗い店内に、やわらかに入ってきている。

カウンターの奥から、この店のおすすめらしいカレーと、ひき立てのコーヒーの香りが広がっている。

不愛想なマスターが淹れてくれたコーヒーを味わいながら、

「今年も春が来たか。」そう呟いて、

デッキ越しに広がる春に向けて準備が始まった農村風景を眺めた。

 

 

よろしくお願いいたします!