めざせ庭代一かっこいい家新築工事

2世帯住宅といえば、

お互いに気を使ったり、気を使われたり。

少し昔なら、避けられてきた『かたち』かもしれません。

そんな2世帯住宅を、ちょうどいい距離感で考えてみました。

例えば路地があって、その路地を介して2世帯が向き合うような。

路地は、外部とつながり、また趣味の空間となり半外部の心地よい空間となる。

南面を向くために敷地に対して斜に配置され、

それぞれの家は、南面吹抜けの大きな開口部から日差しが入りる冬。

夏には、その日差しを遮り西面からの日差しも遮る。

1年を通して快適に暮らすための器として。

建物を斜に配した後の敷地には、緑がいっぱいの南の庭から、西側には車3台の駐車場と、

敷地を余すことなく利用。

暖房エネルギーを次世代省エネ基準の半分におさえた、超省エネの高断熱高気密住宅。

地域型住宅グリーン化事業/三世代同居対応住宅の補助申請物件です。

家族、親、子世帯、そして外部と、つながりながら暮らしが展開する、

そんな『これからの』2世帯住宅、できました。