晴美台耐震断熱リノベ

解体後、基礎工事も終わり、いよいよ大工さんの耐震補強工事へ。
解体時は、視界が良かった建物内も、物々しい木材量で埋まってゆく。
すべては、地震に耐えられる家にするため。
使い勝手や、デザインとともに進めてきた耐震設計、
新基礎や耐力壁の位置を吟味しながら、そして、コスト、施工性のことも考慮し。
問われるは、バランス。

断熱施工にも力を入れ、床、壁、天井と断熱材を隙間なくいれてゆく。

プランは、1階で生活が、完結することを前提に、2階は将来用の個室に。

二間続きの和室は、大きなLDKに、玄関や洗面所、あらゆるところに収納を設置し、

 

スカッと暮らせる家を目指したリノベーション住宅。