親子の壁

築5年。いわゆる分譲住宅。

暮らす上では、何の支障もなく思える。

でも、リノベーション工事着工させていただきました。

なかなか分譲住宅では、満足行かないところが多いとのこと。

LDKプランを少し変え、収納容量を多く、そして、無垢材や、珪藻土の仕上げ材を使い…。

『何の支障もない』というところに、造る側も力が入る。

20cmのリノベーション。

着工前、施主のお母さんから「工事は2週間で終わりますかね?終わらないんだったら2週間後に着工でもいいのですが。」と。

分譲住宅のLDKの内装、キッチン周りの家具工事。

どう工程を組んでも、カツカツの2週間。

「すいません、ぎりぎりなので、2週間後の着工にしましょうか。で、2週間後には何があるんですか?」

すると、「息子の誕生日なんです。」

その言葉を聞いた瞬間、僕のエンジンがかかる。

「やっぱ、やらせてください。」

短期工程では、少しのミスが後々引きずる経験がものを言う。着工前の協力業者さんに協力いただき、できるだけ多くの問題をたたきだし、何度も図面、材料拾い、工程を確認。

協力業者さんに頑張っていただき、竣工を迎えた。

以前あった、キッチンとダイニングの間の腰壁は、20cm低い家具に変わり、今年1年生になった息子の宿題を見守るお母さん。

そして、誕生日を迎える。

おめでとうございます。