鈴鹿サーキット家 新築工事

元レーサー。

事務所にお伺いすると、所狭しと並べられたトロフィー。

学生のころから、レーサーとして活躍。

そして今回、

1階に自動車修理工場、2階が親世帯、3階が子世帯の職住一体、三世帯住宅を検討されているとのことだった。

限られた敷地条件、そしてかなりシビアな法的規制。

そんな中、機能的な作業空間と、居心地の良い住空間を組み合わせ、一体として考える。

 

いままでは、自動車車庫のような建物を間借りして、事業を進められてきた。

敷地に当てはめてみると、こちらも自動車修理工場の認定工場としての諸条件あった。

 

「なにか、イメージはありますか?」

「ん~、鈴鹿サーキットのイメージですかね。」

これまで、何台もの車を修理してきた技術力。

話していると、そんなプライドを強く感じた。

今回、事業として、また家づくりとして新築工事を決断。

今までの持てる力をフル動員して設計にかかる。

鈴鹿サーキットな家。

また、大きな挑戦が始まった。